HOME | 相続税対策の方法を理解しておきましょう!

相続税対策の方法を理解しておきましょう!

2016年9月22日 |

基本的には長期的な贈与

まず、相続税対策として誰でもできるのが贈与になります。贈与をする、ということによって、かなり財産を目減りさせることができるでしょう。要するに最終的に相続させるときにあまりないほうがよいわけです。贈与であれば、それがかなり出来るようになっています。長期的であれば、数千万円単位で非課税で渡すことができるようになっていますから、やってみるべきです。年間、一人あたりで110万円も非課税で贈与するこどができるようになっています。

不動産を持つことについて

基本的にどうしても現金で相続税を支払う必要があります。ですから、不動産で譲り受ける、というのは相当に厳しいことになりますが、それでもある程度の現金を確保しているのであれば、不動産はとてもよいでしょう。何故かといいますと評価が下がることになるからです。要するにキャッシュで相続するよりも評価額が下がるので結果的に税金が安くなります。但し、その場合でも納税はキャッシュになりますから、それは確保しておきましょう。

焦ることはありません

相続税対策というのは、極端に焦ることはないです。そうしますとさすがに問題が出てくることがあるので、焦って決めないほうがよいでしょう。出来る対策というのはいくつもありますし、例えば生命保険という手もあります。ですが、これは早急にしないといけない、というわけでもありませんから、焦って決めないことです。その方が上手く行く可能性はあります。三本柱としては、贈与、不動産購入、生命保険、ということになります。

相続税対策に養子縁組をすることもあります。孫を子どもとして養子縁組すれば、相続税控除対象者が増えるので節税になります。

Comments are closed.

最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー





Copyright @ 2016 Corporate Relocation .All Rights Reserved.